Youth Festival Applications

ユースフェスティバル申し込みについての発表

2010年1月12日マドリッド

ワールドユースデイのプログラムは、中心的祭典、多言語で行われる司教によるカテケージス、ユースフェスティバルと呼ばれる芸術的かつ文化的なアクティビティからなる。ユースフェスティバルでは、文化としていかに信仰を表現するかというものである。

ワールドユースデイの文化的な要素は、地元の組織委員会が直接開催するイベントと同様に組織委員会が受け付けた世界中から集まった人々が中心となるイベントがある。

 

ユースフェスティバルの活動の特徴

 

1)現代の若者のための活き活きとした、現実的で、共感のできる形式での表現

 

2)キリスト教の価値を表現するものでなければならない。信仰、希望、愛が最も重要であり、さらにキリスト教徒の生活と共にあり豊かにする価値観、喜び、力等がある。さらに、人間愛、正義を持って社会への関わり、真実の自由への愛、個々人に対する責任を高めるものであること。

 

3)使用される言語は、普遍的美しさ、異なる文化を持つ人たちへの配慮、また、芸術的な品質を持つものでなければならない。

 

ユースフェスティバルには、様々なアクティビティがある。音楽とダンス、演劇、絵画と芸術の展示、写真、都市の装飾と都市計画、5大陸における教会の社会活動についての展示、聖人と宣教師たちの伝記、歴史的街道、映画とオーディオビジュアル作品、そして、キリスト教的視点からみた現代の課題に関するアクティビティ。

 

ユースフェスティバルの中心的な特徴は、スペインの歴史と文化である。スペインは、使徒の伝統があり、信仰が根付き、無数の聖人を生んだ国である。ここから無数の宣教師たちが5大陸に信仰を伝えにでかけた。教皇様への岩のように固い中性を持つ国である。何世紀にもわたり、教会内から起こった教会の霊的刷新をたかめた多くの団体が誕生した国である。

 

ユースフェスティバルには、普遍的な価値を持ち、ワールドユースデイ・マドリッド・2011のテーマである「キリストに根を下ろして造り上げられ、信仰をしっかり守りなさい」に関する他の国や文化がもたらすイベントがある。イエス・キリストの教義が、すべての文化に受け入れられ、人々、家族、社会を力づけていたことを示す。

 

すべての申し込みを受け入れることは不可能なので、組織委員会は、以下の評価基準を設けた。

 

ー 現実性と関係性

ー 芸術的品質

ー 普遍性

ー 技術的、運営的、経済的実現性

 

ユースフェスティバルに参加を希望するグループ(司教団、教区、宗教団体、修道会、大学、小教区等)は、プロジェクトの詳細を以下の形式で申し込むこと。

 

ー プロジェクトの名前

ー グループ

ー 代表者名

ー 住所/電話/FAX/メールアドレス

ー 内容の形態

ー 内容の簡単な説明(250ワード)

ー 期間と希望する日付

ー 必要な場所と装置(オーディオ、ビデオ等)

ー 費用の見積もり

 

*注意*しめ切りが延長されました!

申し込みのしめ切りは、2010年9月30日です。

メールでcultura@jmj2011madrid.com (format Word or PDF) に送付するか、郵送で JMJ - programa cultural", Plaza de san Juan de la Cruz, 2b - 28003 Madrid, Spain.送付して下さい。